残念だけど就活は時間と金と情熱を費やした奴の負けだから

残念だけど就活は時間と金と情熱を費やした奴の負けだから

2015/3/9

3月に入って遂に2016年卒の就職活動が本格化し始めましたね。いままで12月スタートだった就活が、今年から3月スタートに変わって就活生も企業も落ち着かない感じが見受けられます。

私は2013年12月半ばに就活をはじめ、2014年3月頭には内定が決まったスーパーエリートですが、多くの人は私のようにスマートな就活を進めることができないでしょう。
もちろん冗談ですが、昨年自分も周りも就活をしていて感じた、「就活がデキるやつ」と「就活が下手なやつ」の差というか、ダメなやつの特徴を紹介します。

1.努力と非効率を履き違えてる

新卒の就活は、企業側が大量の志願者を裁く必要があるため、就活生に多くの負担が掛かってしまいます。エントリーシート(ES)が、その分かりやすい例のひとつでしょう。時間をかけてエントリーシートを書かせて、志望度が低い学生を門前払いしています。

一個だけ企業に言いたいのは、学生で社会人として働いたことがないやつに、「君はうちへの志望度が低い」とか意味分かんない。イミワカンナイ。
何がしたいかいまいち分からないけど、何となく興味あるなー程度でどこの会社も選らんどるんじゃい。SIerとかSEMとか難しい横文字並べてドヤ顔しないで欲しいですね。

で、見出しの件ですが、履歴書の自己PRなどの内容を企業別に大きく変えたり、パソコン入力OKのエントリーシートを手書きで書くなど、非効率的なことをして、「俺はやっぱ手書きの方が伝わると思うから(ドヤァ)」みたいなこと言ってるやつは、大体長いこと就活した後に、大量採用しているブラックに就職していきます。(偏見)

業界によって違いはありますが、近年では大企業でもPCで出力した履歴書でも気にしないという企業が多くなっているのも事実です。どうしてもこの会社に入りたい、という志望度がある会社のみ手書きにするなど、作業の効率化を図ることは結局自分のためになるはずです。
その浮いた時間で1社多めに選考を受けられると思って、選考に使用する紙への情熱の割合を少なくしてみましょう。

2.就活手帳とかいう悪徳商法に染まる

最近は「就活手帳」という、就活専用の手帳があることをご存知でしょうか。就活手帳は、説明会や面接などの就活に関する予定を記入するカレンダーと、プライベートな予定を記入するカレンダーの2つが1冊にあるから見やすい☆

的なものですが、別に現代ならスマートフォンのアプリを使用すれば、一切必要ありません。就職活動で手帳に書きたい項目は、ES〆切と説明会・面接日程くらいなので、別に特別なアイテムを用意する必要はないでしょう。
また、これらの就活グッズを購入し、使用したところで採用の可能性が高まるということは99%ありえません。こういう商品をいち早く購入しては、意識高いアピールをしてくる奴は、どうせスケジュール管理もろくにできないダメな奴です。(偏見)

「みん就」や「転職会議」などの掲示板を鵜呑みにする

ダメな奴がよく使用するサイトに「みんなの就職活動日記」が挙げられます。当サイトは、他の就活生に選考結果が送信されているかなど、画期的な使い方をすることができます。
しかしながら、デキないやつはここに書き込まれている情報を鵜呑みにして、こういう志望動機なら受かる、面接でこう答えれば受かるなど、「みん就」を攻略本だと勘違いしているケースが多く見られます。

企業が欲しいのは、コミュニケーションが取れる学生であって、質問に対して優秀な定型文を返すことができる学生ではありません。ある程度質問を想定していくのは、予習・対策として素晴らしいことですが、いままで受かった人の返答が絶対に正解であるとは限らないので、軽い予習くらいに参考にしましょう。

また、実際に勤務経験がある人が、その企業の評価を書きこむ「転職会議」というサイトもあります。少し考えれば分かりますが、辞めた人がこの部分が悪い! と書き込む場なので、基本的に優良企業、良い雰囲気など、ポジティブな書き込みは少数派です。

その情報を鵜呑みにして、株式会社○○はブラックらしいよーとか、あそこの会社は良い噂を聞かないとか、ネガティブなことを言いまくるのも、ダメな奴の特徴です。そういう奴は、ブラック企業に就職しても、無理矢理ホワイトっぽい箇所を見出して、うちの会社はホワイトだと言い張ります。(偏見)

ちなみに私の就職先も「転職会議」でボロクソ書かれてますが、週5のインターンを1年弱続けて、掲示板に書かれているようなことは感じてません。
人には企業との相性もあるので、いちいち気にしてる暇があるなら、1社でも多くの会社に足を運んで、雰囲気を自分で感じ取れ!! 足を使わないやつほど、就職してから他の会社がよく見える現象が起きますよ。(多分)

さいごに

就職活動でも、受験でも、他人の不安を煽ることでしか自分を安心させられない輩がいます。ただ、学生と違って社会人はそんなことしてる奴は、採用しません。どんなに不安を煽られても、自分が良いと思った企業が、あなたにとって居心地の良い場所になるはずです。

(早く就活生が絶望してSNSから消える時期にならねえかなー笑)

関連記事

インターンシップの必要性と不要性 - インターンとは結局なんなのか。
ブラック企業に魅せられて
早期の“業界研究”は就活を早く終わらせる先行投資!!?
スーツや髪型など、就活の身だしなみは何を気にするべき?
就活で実際に書かれてる履歴書はどんな感じ?

Copyright ©2014明学LIFE , All Rights Reserved