明学の受験制度について

明学の受験制度について

基本的な入試制度は全部で3種類

一般的な受験生が使用する入試制度は以下の3種類です。

  1. 1.大学入試センター試験利用入学試験
  2. 2.一般入学試験
  3. 3.自己推薦AO入学試験

1の制度は独立行政法人大学入試センターが行う、国内にある大学の多くで採用されているセンター試験の結果を使用します。国際キャリア学科を除く全学部に出願できる前期と、英文科など7つの学科に出願できる後期があります。複数の学科に出願が可能で、前後期それぞれで受験料併願割引制度が適用されます。

2の一般入学試験は全学部日程、A日程、B日程と大きく3つに分かれています。全学部日程は国際キャリア学科を除く全学科で共通の問題が出題されます。2つの学科まで出願が可能です。
A日程は学科によって受験日程が異なるため、注意が必要です。どの学科でも3科目の合計得点で合否を判定します。なお、受験料併願割引制度は適用されません。
残りのB日程は学科ごとに論述などの独自の問題を出題します。社会福祉学科をはじめとした5つの学科のみ受験が可能です。

3の自己推薦AO入学試験は内申点や試験の成績ではなく、これまでに自身が努力してきたことを評価する制度です。指定校推薦とは異なり、学校長から推薦を得る必要がないため、出願資格の条件を満たしていれば誰でも受験することができます。国際キャリア学科をはじめとした11の学科に出願が可能です。

また、明治学院大学では高校卒業見込み、もしくは浪人生を対象とした入試以外にも、社会人や外国人留学生、編入生向けの入試制度があります。

出願方法はウェブでもOK

近年では数年前のように各大学の入学試験要項 (願書)を書店で購入したり、取り寄せることをしなくてもインターネット環境さえあればウェブ上で出願が可能になりました。

ウェブを利用した出願の流れは、まず出願用のサイトに必要事項を入力。その後コンビニで受験料を納入、調査票などの必要書類を郵送することで、後日受験票が自宅に届きます。

パソコンで入力するため、手書きによる書き損じがなく、もし入力ミスをしてしまってもシステムがエラーを知らせてくれます。また、以前は銀行でしか受験料を納入できませんでしたが、コンビニで納入可能になったことで24時間都合のつくタイミングで受験料を支払うことができるようになりました。

今日ではスマートフォンが普及していますが、大切な受験の出願は画面が大きく入力ミスが少ないパソコンですることをおすすめします。

関連記事

胸を張って妥協できる!明治学院でもいい3つの理由
明学の学費は他大学より高い?
明学の受験日に気をつけたい3項目!
他大学から見た明学の評判

Copyright ©2014明学LIFE , All Rights Reserved