【第1回】大学生活で揃えておきたいもの(ノートパソコン編)

【第1回】大学生活で揃えておきたいもの(ノートパソコン編)

2015/02/06

大学生になったら自分のパソコンを持っていないと授業で困ってしまう場面もあります。特にゼミでは、グループ全員がPCを持ち寄ってミーティングすることも多々ありますので、実家にあるデスクトップ以外に、自分専用のパソコンが必要です。

今回から5回くらいに分けて大学生活で必要になってくるものを紹介していきます。第1回目の今回は、大学生活において本当に必要なもの(ノートパソコン)を取り上げます。
次回以降は大学生活を上手く、効率よく生き抜くためのアイテムを紹介予定です。

ノートパソコンを選ぶ

受験合格のご褒美に親御さんからパソコンを買ってもらう予定の方は実際結構います。もし、親に買ってもらえるなら適当に選ばないで!!
適当に買うと後々後悔してしまうかもしれません。

大学生活で使っていくノートパソコンは、何をポイントにして選ぶといいのでしょうか。

■Microsoft Officeは入っているか

office

大学生活でもっともパソコンを使用する機会、それはレポート作成です。
授業によっては、半期に2回以上もレポート提出を求める鬼畜な教授がいます。Wordの使用頻度は大学生活でもっとも多いでしょう。

あまり意識したことはないかもしれませんが、WordやExcel、Power pointなどのソフトは、有料(3万円程度)です。日本製のノートパソコンの多くには、予めインストールされている場合がほとんどですが、海外メーカーのパソコンは基本的にインストールされていません。(インストール済みのものと分けて販売されてます)

日本製のノートパソコンが高いのは、Officeのインストール料金も含まれているという理由も1つです。もちろん、Officeをインストールしないで、無料の代替ソフトを使用する手段もあります。しかしながら、大学のパソコンを使用して印刷するときや、データで教授に提出する場合には、書体が崩れてしまうことも多くありますので、基本的にはOfficeがインストールされているものを選びましょう。

■持ち運び重視? 機能重視? デザイン重視?

A-RISE

大学生活前に想像するのは難しいと思いますが、パソコンをどのように使いたいか考えてみましょう。
家では勉強できないから出先でレポートを書きたい、家でネットゲームや写真の編集をしたい、スタバでMacbookを使用してドヤ顔したいなど、些細な事でいいので、使用している自分を想像してみてください。

・持ち運び重視派

出先で作業したいという人は、大きさよりも薄さを基準にしてパソコンを選んでみましょう! パソコンを持ち運ぶ上でもっともウザいのが「厚み」です。
大きさは11インチ?13インチがおすすめ。大抵のバッグやリュックには、余裕で入ります。なんならクラッチバッグでも入りますよ!

あと、できるだけバッテリーが長く持つものが適しています。最大稼働時間を店員さんに聞いておくことをお忘れなく!

・機能重視派

ネットゲームや写真・動画編集など、自宅でパソコンを使い倒したいという人は、メモリとCPUをよく確認します。
メモリとは、簡単に言うと、パソコンが同時に作業できるキャパの広さです。4GB以上あれば困ることは少ないはず。ただ、欲をいうなら8GBは欲しいところです。

・デザイン重視派

パソコンなんて動けばいいやという方は、デザインを重視してみてもいいでしょう。
デザイン人気No.1は、皆さんご存知のMacbook Airですが、Windowsでもカッコイイ、可愛いパソコンは沢山あります。

ZENBOOK(ASUS)、Aspire(Acer)、VAIO PRO(SONY)など、好みによってはMacよりも好きという方もいます。無理にMacに手を出さなくても、おしゃれなWindowsパソコンにも目を向けてみましょう!

迷ったらこれ! おすすめノートパソコン

上で沢山のポイントを紹介しましたが、私個人としては、Microsoft Officeがインストールされていない海外メーカーのパソコンがおすすめです。
Officeは別でインストールしても、国内メーカーのものよりも、安く高機能のパソコンを手に入れることができます。

ThinkPad (lenovo)

thinkpad

LenovoのThinkPadは、社会人の使用も多く見られるパソコンです。低価格ながらスペックが高く、また壊れにくさにも一定の評価があります。
デザインを重視したいという人には、満足できないかもしれませんが、長く使いたいという場合には、圧倒的におすすめです。

価格はメモリ4GB/Core-i5/HDD 500GBで、5~6万円程度。
コストパフォーマンスは、どのノートパソコンよりも高いと言えるでしょう。

Macbook Air (Apple)

macbook air

最近急激にユーザーが増えているMacbookですが、Windowsではないので、使いやすさに難点があります。しかし、MacのOSである「OS X」は基本的に、説明書がなくても使いこなせる仕様なので、慣れればWindowsよりも使いやすくなるはずです。

ただ、価格の割には性能はそこそこ。Officeも別途入れる必要があるため、コストパフォーマンスはイマイチです。
メモリ4GB/Core-i5/SSD 128GBで8万円程度。Apple製品は家電量販店でも値引きが効きにくいので、スタイリッシュなパソコンライフを過ごしたい人におすすめします。

注意して欲しいのは、CDやDVDを読み込むドライブが別付け・別売りなので、音楽を取り込む際は結構不便です。それを克服してMacbookを使いたい場合は、Macbook ProのMid 2012モデルを購入しましょう。

関連記事

大学生を楽しみたいなら大学生を描いた作品をみるべし
約100種類の日本酒が時間制限なしで飲み放題@池袋
タモリ倶楽部で話題! 大学生の財布に優しいふりかけおつまみ
Twitterで「大学生になったら」と検索してみた
【悲報】ディズニーの値上げで大学生の財布に更なる打撃

Copyright ©2014明学LIFE , All Rights Reserved