大学生を楽しみたいなら大学生を描いた作品をみるべし

大学生を楽しみたいなら大学生を描いた作品をみるべし

2015/02/12

私は春に就職を控えた大学4年生です。いま思うことは、もっと大学生しておけばよかったということ。もっと早く高校生にはない大学生の青春に気づいていれば...。
そんな後悔が学生生活残り2ヶ月足らずの自分に降り掛かっています。

高校生のときも大学生になってからその魅力に気づきました。悲しいことに人間は皆自分の生活を俯瞰的に見ないと魅力に気づくことができません。
今回は大学生を描いた作品をご紹介します。

オレンジデイズ(TVドラマ)

オレンジデイズ

“どこにでもいそうな大学4年生・結城櫂(妻夫木聡) と、病気で4年前に聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女の子・萩尾沙絵(柴咲コウ)のラブ・ストーリーを軸に展開される、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマである。 ”
(ウィキペディアから抜粋)

大学生が憧れる青春の代名詞ともいえる『オレンジデイズ』。
ちなみに彼らが通っているのは「明青学院大学」という大学です。なんか謎の親近感がわきます。

放送していた時期が2004年と10年以上も前の作品ですが、未だに大学生から強い支持を得続けている名作です。

ゴールデンタイム(アニメ)

ゴールデンタイム

“東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、高校卒業後にある事故により、それまでの記憶をすべて無くしてしまった青年。万里は、入学式後の新入生オリエンテーション会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合する。
そんな2人の前に、スタイルも身につける物も全てがハイレベルな美人・加賀香子が現れる。彼女は光央の幼馴染で、ストーカーじみた香子から逃れるため、光央は付属高校からのエスカレーター入学を諦め、こっそり外部受験で現在の大学に進学してきたという。しかし香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。”
(ウィキペディアより抜粋)

アニメが特別好きじゃない人からも知られている名作『とらドラ!』の作者が描いた大学生青春ラブコメディです。
アニメ作品とはいえ侮れません。大学生があるある?と思えるような描写が沢山出てきます。

授業の空き時間の過ごし方や、アルバイト、飲み会、サークル、新歓イベントなど、仲間たちと過ごす青春がたっぷり詰まった作品です。最終回は涙なしには見れません。

ちなみに作品の舞台は法政大学の市ヶ谷キャンパス。取り壊しを計画していた校舎が舞台になっていたということもあり、法政大生が学生運動を起こすほどの影響力を持っています。
大学生の青春欲を引き出した作品とも言えるでしょう(笑)

砂漠 - 伊坂幸太郎(小説)

砂漠

“入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決……。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれを成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。”
(Amazon.co.jpより抜粋)

基本的にただの大学生の日常を描いた作品。なんともない日常の中に隠された大学生活の素晴らしさや、刺激を教えてくれる作品です。
「大学生活=人生の夏休み」って感じが凄いですが、ある意味リアルな大学生を描いているので、自身の生活を俯瞰的に見るいい機会になるはず。

社会を砂漠、大学をオアシスと表現しているのは、非常に納得です。
砂漠に出たくない...

関連記事

思い出も斬新に!! 旅行に持って行きたいユニークなカメラ
約100種類の日本酒が時間制限なしで飲み放題@池袋
タモリ倶楽部で話題! 大学生の財布に優しいふりかけおつまみ
Twitterで「大学生になったら」と検索してみた
【悲報】ディズニーの値上げで大学生の財布に更なる打撃

Copyright ©2014明学LIFE , All Rights Reserved